車の売却額がダウンしやすい時期

車買取のセオリーの1つに、タイミングがあります。買取の情報サイトなどに目を通しますと、よく日数の経過に伴って売却金額はダウンする傾向があると明示されていますね。また早めに売った方が良いと明示されている事も多いです。

実際確かに、車の売却にはそのような一面があります。1日程度で大きく変動する事がありませんが、1週間や1ヶ月などを多くの日数が経過すれば金額はダウンする傾向があります。ですので車を売却するのは、極力早い方が良い訳ですが。

ところでその車の売却金額がダウンするスピードも、タイミングの問題があるようです。下落スピードが早い時期と、そうでない時期がある訳ですね。
例えば2月や3月の時期などは、車の売却額も変わりやすいと言われています。つまり普段以上に、車の買取額が下がる傾向がある訳ですね。ですので冬の時期に車を売却するのであれば、できるだけ早い方が良いでしょう。
http://odyssey-k.com/

またボーナス直前の時期なども、やはり車の金額は動きやすいのだそうです。ボーナス前というのは、やはり人々が車を買い換える事も多いですね。ですので市場に出回っている車のタマ数も、変動しやすいのでしょう。ですのでボーナス前のタイミングなども、なるべく早めに車を売却する方が良いと思います。

しかし人によっては、それほど早く車を手放す事ができないケースもあるでしょう。色々と個人的な事情があって、しばらくは車を使いたいと考えている方もいらっしゃるからです。そのような時には、「すぐに手放すのは少々難しいです」と査定士に伝えた方が良いです。それを伝えておくと、査定士はそれに配慮してくれる事もあるからです。
いずれにせよ車の売却は、確かに早い方が好ましいとは思いますね。基本的に車買取は、「すぐに売りたい」時に行うべきだと考えます。

Leave a Reply